私は、29歳の頃に体調を崩して入院・手術をした経験がありまして・・

このころから、からだのことを考えるようになり、

健康のために、ランニングを始めました。

せっかく始めたのだから、とことんやってみようと思い、

トライアスロンも始めるようになりました。

 

ある時から、トレーニングの最中にからだが痛くなるようになりました。

特に、膝、足首と痛みがあるため、練習を休むようになります。

休む期間が、2〜3日だったのが、だんだん長くなり1週間以上に。

 

ある時思いました。

健康のために始めた運動なのに、運動しない期間が増えてしまっては、

意味がないんじゃないのかなと。

 

私が所属していたチームでも、

からだの痛みを持ちながら練習している人

からだの痛みとは無縁で練習を楽しんでいる人

がいました。

 

なんでだろうと疑問を持つようになり、

からだが痛くなる原因を調べ始めました。

 

実際に、一流の選手やトレーナーの方に会いに行き、

話を聞いて歩きました。

フォーム(からだの動かし方)の大切さがわかってきました。

 

ある時、本屋さんで、一冊の本と出合います。

それは、

「解剖学でわかる ランニングシューズの選び方」

でした。

 

 

本屋さんで、この内容を見たときに、衝撃を受けました。

からだの仕組みとシューズの関係性、

からだの痛みの発生要因が、理論立てて書いてあったのです。

すぐに、この著者に会いに行かなくてはと思い、

すぐに電話して、広島から東京へ会いに行きました。

 

お会いして、悩みを聞いていただき、

1時間後には、今まで体験したことのない、

からだが軽く感じて体を動かせる驚き、

なんだこれはと、感動しました。

 

これが、私と私の先生、鈴木清和先生との出会いです。

 

”骨格特性”と”からだの動かし方”と”シューズ特性”をマッチングすることで、

 ・からだの痛みを改善すること(痛みを発生させないようにしたり)、

 ・からだのパフォーマンスを向上すること、

を身をもって知りました。

 

これをたくさんのみなさんに知っていただきたいとの思い、

開発をはじめ、完成させたのが

骨格特性から運動特性とシューズ選定を行う装置

「フィットファクター」です。

先生と共同開発しました。(特許出願してます。)

誰でも、いつでも、どこででも、診断できるものができました。

 

1年間の間で150人以上のみなさまに体験いただいております〜。

 

最近では、5年前に両膝の半月板を損傷して、走れなかった方が、

フィットファクターの診断と約2か月のプログラムで、

10kmを6分/kmで走れるようにまでなっております。

 

みなさまのやりたいことや目標達成をサポートできてほんとうれしいです〜。

 

ご体験いただいていますみなさま、

本当にいつもありがとうございます。