そのからだの不調、もしかして、足首が原因かも

みなさま、こんにちは。

 

11月になって、急に気温が下がって本格的に寒くなってきました。
寒くなってくると身体に力が入りがちになります。
暖かくしてお出かけくださいませ。

 

今回は、
「ひざ・腰の不調やからだの冷などは、足のアーチ崩れであちこちにでてくる??」

です。

 

身体のさまざまな不調は、
その気になる場所だけではなく
実は、
足からきている可能性が!

 

からだの全体的な症状として
・腰の不調
・膝の不調

 

足の症状として
・足裏が痛い
・足の親指の付け根が痛い
・足の小指のつけ根が痛い
・タコができる

 

原因がわからない体の不調として
・骨盤のゆがみ
・体の冷え
・肩こり
 

など、
いろいろな観点から、対策方法が本やテレビでも紹介されています。

 

そもそも、なぜ、このような症状が起こるのでしょうか。

これらを引き起こす大きな原因は、
普段の生活習慣が大きく影響しています。

 

例えば、
骨盤のゆがみでいえば、
利き腕でしか荷物を持たない、
同じ側だけで足を組むなど、
日常の習慣やクセによって生じるという考え方です。

 

普段の生活で一番使われている部分はどこでしょうか。
寝ているとき以外の大半は、

立つ
座る
歩く
という動作を行っています。

 

このすべてに関わっているのが、
じつは、
「足首」です。

 

足首が無駄に左右に動くこと、
あるいは足首が間違った向きに曲がったまま固定されていることで、
骨盤はゆがみ、上半身にまでその影響がおよびます。

 

つまり、
すべての発端は、

「足首のゆがみ」

と考えることができます。


足首の使い方やクセが、
全身の動きと連動しているのです。

 

ビックリです。

 

ある年齢のときまでは、
足の機能が働いていてバランスが取れていたのに
年数を重ねるうちに足の機能が失われバランスを崩してしまいます。

 

崩れの原因となる姿勢・形を取り続けていると、
足の機能が弱くなった時に一気に崩れていきます。

 

足首が崩れる
⇒足首が曲がらなくなる
⇒ふくらはぎが動かない
⇒血流のポンプが働かない
⇒血流が悪くなる
⇒冷え、むくみ
からだの不調

 

とつながっていきます。

 

いつも、足首を正しい位置で、
足首が正しい動きができるようにするために、
いろいろな方法があります。

 

ストレッチ動作や
足首運動
歩き方
などがあります。

 

即効性があるのは、
自分のからだの形に沿ったまっすぐな足首をつくることができる、
オーダーメイド矯正インソールです。

 

ストレッチや
歩き方
オーダーメイド矯正インソールについて
など気になることがありましたら
いつでもメッセージください。

 

ここからは、足についての話をしてみたいと思います。

まずは、足首の構造を見てみます。

 

 

足首は、
すねの太い骨(内くるぶしがある骨:脛骨)と
すねの細い骨(外くるぶしがある骨:腓骨)と
すねの太い骨とすねの細い骨と足の他の骨をつなぐ骨(距骨)
の3つの骨で構成されます。

 

次に足首が動くようになるために
この3つの骨をつないでいるのが靭帯です。
※靭帯とは、骨と骨をつなぎ、関節を安定させるもの

 

足首関節を作る靭帯は、4つあります。

脛骨と距骨をつなぐ靭帯(三角靭帯)
腓骨と距骨の前をつなぐ靭帯(前距腓靭帯)
腓骨と踵をつなぐ靭帯(踵腓靭帯)
腓骨と距骨の後をつなぐ靭帯(後距腓靭帯)

から構成されます。

 

これが足首を曲げる・支えるために頑張っているからだの一部たちです。

 

次に足首の動き(硬さ・柔らかさ)を決める身体の部位を見ていきます。

長母趾屈筋
後脛骨筋
脂肪組織(脂肪体)

 

この3つが足首の硬さに大きく関係しています。

足首の硬さを改善するためには、
まずは、この3つの筋をきちんと動くようにすることが大切です。

 

その方法は、ある動きで改善することができます。

 

つぎに足の機能を見ていきます。
足は、たくさんの骨と関節などでできています。

足は、人間の体の中で唯一バネのようなクッションの役割をしています。

バネのようなクッションを作り出すために、
アーチ」と呼ばれる弓矢のような円弧を描いた形があります。

 

 

アーチ」は3つあります。

_アーチ:足裏の血管や神経を体重の圧迫から守る

内側縦アーチ:歩行時の身体への衝撃を吸収する

3安縦アーチ:体重を支え歩行時の姿勢を安定させる

 

このアーチという形が足にあることで、歩いている時、立っているときに
身体が地面に着いたときにでる衝撃を吸収してくれる素晴らしい機能です。

 

しかし、

この「アーチ」も、
生活習慣で崩れてきてしまいます。

 

この崩れが、
身体のいろいろな不調の始まりになっている可能性が高いと
医療機関などの研究からもわかってきています。


この「アーチ」の崩れも、
足首の崩れにつながっていきます。

 

・床の上で
ナナメ座り
カエル座り
をしたり、

 

・歩き方が悪い、
・履いてる靴が悪い

 

など、習慣的に積み重なっていくと、
足首の崩れ
足のアーチの崩れ


が出てきて、

その結果、
身体の不調の原因になっている可能性があります。

 

意外だったかもしれませんが、
からだのさまざまな不調は、その気になる場所だけではなく
じつは、足からきていることが多い、
ということのご紹介でした。

 

 

今回の最後に、靴のヒールの高さ違いと身体への負荷を見てみます。

 

 

はだしの場合、
かかとにかかる力は体重の78%、つま先にかかる力は体重の22%

ヒール4cmの場合、
かかとにかかる力は体重の68%、つま先にかかる力は体重の32%

ヒール9cmの場合、
かかとにかかる力は体重の37%、つま先にかかる力は体重の63%

 

てこの原理で考えると、
足首の支点から遠くなるつま先は、
力が少しでも大きくかかると、
大きなダメージを受けやすくもなります。
やわらかいつま先に大きな力がかかると・・・


すぐに影響が出そうですよね。

 

これもアーチ崩れの原因となります。

 

歩き方がとても大切になってきます。

 

履物違いで起きる足への影響の補足でした。

 

原因がわからない不調や、
足に関することがありましたら、

いつでもお問い合わせくださいませ。

 

ありがとうございました。

広島エフエムDAYS!?出演しました 履いて歩くだけでからだとこころが健康になるシューズ開発

 

履いて歩くだけで

「からだ」と「こころ」が健康になる

そんな履物があったら

 

それをご紹介させていただくために、

先日10月31日に広島エフエム DAYS?!に

出演させていただきました。

 

 

 

パーソナリティーの近藤志保さま、山本三季雄さま

あたたかくむかえていただき、

また、話しやすい環境をつくっていただき

あっという間の時間をありがとうございました。

 

〜お力をください〜

 

履いて歩くだけで

「からだ」と「こころ」が健康になる

そんな履物があったら

 

という思いのもと

2016年3月から

次世代ウォーキングシューズの

開発をスタートしました

 

開発着手から1年と半年。

 

開発のテーマは、

====================

「からだ」と「こころ」をつなぐ

「人」と「自然」をつなぐ

「伝統技術」と「現代技術」をつなぐ

「つなぐ(TSUNAGU)」=「調和」を表現

調和=日本の心を構造とデザインに反映

一 日本の伝統 匠

二 日本の美

三 日本の奥ゆかしさ

====================

 

履いて歩くだけで「からだ」と「こころ」が健康になるを実現するために、

大きく3つの課題に取り組んできました。

 

  • 足と靴をしっかり固定する新しい構造

(一本のひもで踵と甲がぴったり合う構造)

  • つま先で大地を感じる特殊形状

(人の骨格特性と感触を実現する構造)

  • 日本伝統と技術を感じさせるデザイン

 

何度も何度も試作品をつくり、何とか形になってきました。

 

これから、実際の商品化に向けて

・新構造靴底を造るための金型の製作

・デザイン検証

・いろいろな道を開発シューズを履いてテスト歩行

・履いて歩くだけで「からだ」と「こころ」が健康になる科学的効果測定

 

の課題が残っています。

 

この課題を解決するために、

山口ソーシャルファイナンスが

中国地方の活性化・中国地方からの発信を応援する

ために運営している、

金融型クラウドファンディング「開花KAIKA」

を活用しております。

 

中国地方を活性化したいの思いに共感し、

このクラウドファンディング会社を選びました。

 

投資型のクラウドファンディングは、

投資いただいた金額に対して、

約5年で124%のリターンがある仕組みになっております。

(条件がございますので、詳細はお問い合わせください。)

 

投資いただいた方のその他の特典といたしまして、

みなさまの声をシューズ開発に折り込む場

「モノづくり会議」

にご参加いただけるものもございます。

 

詳しくは、

開花KAIKA のホームページをご覧くださいませ。

 

https://www.kaika-cf.jp/products/detail.php?product_id=50

 

ぜひ、みなさまの多くの声と共に

履いて歩くだけで

「からだ」と「こころ」が健康になる

そんな履物を完成させて、

みなさまの健康にお役に立てればと強く思っております。

 

お力をください。

何卒、よろしくお願いします。

パーソナルトレーニング体験談

【体験談】森口晃行 様


6年前、ランニング中に膝を痛め、5分(0.8km)走ったら両膝が痛くなるように。近くの病院で診察してもらったら「日常生活に問題はなくアスリートでもないのでこのままでもいいのでは?」と言われ、何故か納得して治療せずに放置していました。子供と一緒に公園で遊んでも5分で膝が痛くなるため、長い時間遊んであげることができませんでした。


膝を治すことを諦めていましたが、昨年11月頃から「昔のように走りたい」という気持ちが強くなり、プロスポーツ選手が通う有名な病院でMRIを撮りました。結果、両膝の半月板損傷と判明しました(2016年11月16日)。

そこからリハビリが開始され、膝周囲、股関節の運動療法や体幹トレーニング、ランニング時の動作トレーニング、電気治療が始まりました。


1か月後に10分(1.5km)走れるようになりましたが、2か月経っても10分以上走ることは出来ませんでした。

そんな状態であったため、藁にもすがる思いで鈴木さんの骨格特性に着目したランニングプログラムを受けることにしました。(2017年1月15日)


まず、特許を取得しているフィットファクターで骨格を測定して頂き、自分に合ったランニングフォームを教えてもらいました。

その結果、トレーニング初日に、なんと痛みなく20分走れて感動!!


それから1週間に1回のパーソナルトレーニングでランニングフォームや筋トレの方法を教えてもらった結果、10日後には40分(6km)走れるまでになりました。更に1ヵ月後には50分(8km)走れるようになり、膝を痛める前の状態にまで快復しました。驚異的なスピードで快復していくため自分の体に何が起こっているのか理解ができませんでした。

鈴木さんのアドバイスを素直に実行し続けて、2ヵ月後には自身初の1時間(10km)まで走れるようになりました。

そして、鈴木さんと出会って3か月後の4月22日に、宮島から広島の23kmを完走!!




鈴木さんとトレーニングを開始したその日に、「3か月後に宮島から広島までの完走しましょう!」と言われ、「冗談でしょう?」って思ったのが実現できたことにとても感動しました。膝を治すことから始まったトレーニングが、まさか人生初の23kmも走れるまで快復するとは想像もしていませんでした。


プロスポーツ選手が通う病院で2ヵ月リハビリしても5分が10分にしか改善できなったのが、鈴木さんは3ヵ月で23km走れるまでに改善できたのは、以下の違いと思います。


(病院)

病院では自分は“膝が悪い“というカテゴリの一人であるため、多くの人に当てはまるような一般的なアドバイスをする。

(鈴木さん)

「人は骨格や体型が違うから、その人にあった走り方をしないとケガをする」という基本理念があるため、多くの中の一人ではなく、自分の体を把握した上で的確なアドバイスをする。


恐らく、病院のリハビリでも多くの人は完治すると思いますが、自分みたいに病院のリハビリが合わない人にとっては時間とお金を浪費し続け、改善されず治療を諦めることになると思います。

鈴木さんに出会わなければ、自分も完治できずに治療を辞めていたと思います。


また、鈴木さんには、トレーニングを通して気になることを色々質問しました。質問に対しアドバイスを実行すると、確実に改善されました。

すぐには改善されない時もありましたが、そのような時は、改善するまで様々なアプローチでアドバイスを頂きました。

最後まで諦めない姿勢で自分と接してくれたことで、「森口さんの膝を治したい」という鈴木さんの真剣な思いが伝わって来たので、鈴木さんを信頼し、ついていくことができました。

鈴木さんの人間性と高いスキルの結果が、驚異的なスピードで23km完走に繋がったと思います。


現在、膝の痛みもなくなり体力も付いたことで、子供とも思う存分、遊ぶことができています。また、色んなことにチャレンジしたいという新たな夢もでてきて、これからの人生がとても楽しみです。